FC2ブログ

2007-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハコスカの44グリルの特徴

ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしていますよね!
 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまです。
 そこで、たくさんあるグリルの中から、44グリルに関してですが、43年の9月から44年の9月の間で生産されたモデルですね。
 ライトの周りにレンズ風のガラスを入れるなど、とても凝った作りのグリルになっています。
 ここまでするのにはかなりコストがかかっていると思われます!さすが日産が総力を注ぎこんで作り上げたハコスカですね!
 ウィンカーにもメッキ縁取りが付いていて、形状もフラットになっています。それとライト枠や真ん中のグリルはレプリカがたくさん出ていて入手は比較的可能ですね!
 フロントウィンカーの間の部分には細いメッキモールがあって、通称ヒゲと呼ばれていますね。
 このヒゲの部分は今となっては入手困難です!しかし!これが有ると無いとでは、グリルの印象が全然違うんですよね。
 形状が難しくてチューニングショップさんがレプリカを作ったとしてもコスト高になってしまいそう…。 きっと、ここだけは何処もやってはくれないでしょうね。
 そして、バンパーには豪華なメッキ縁取りのオーバーライダーが付いています!
 でもなぜかGTRにはついていないんです。不思議ですね。
スポンサーサイト

どんどん手に入りにくくなっているハコスカの部品

ハコスカ乗りの一番の悩みは、補修用の部品が手に入りにくいということではないでしょうか?
古いハコスカだと、日産ディーラーの部品販売ではほとんどのパーツが廃盤になっていて、純正の部品は手に入りにくくなってきているのが現状です。  

こういう状況ですから、ハコスカを愛する人達はやむを得ずオークションやら個人売買の掲示板などでプレミア価格の部品を買ったりして、どうにか車を維持しているのです。  

しかし、当然のように限界があるわけで、いずれはどの部品も手に入らなくなってしまいます。
実際に部品がが無いという理由によって泣く泣く愛するハコスカを手放してしまった、という友人もたくさんいます。寂しい話ですよね~

だけど、そのような状況でもハコスカを絶対に手放したくない人達へちょっとだけアドバイスを…

有名なハコスカGT-Rオーナー、黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げています。

ファインパーツは小売はしていませんが、ラバーソウルなど全国で代理店契約をしているハコスカなど旧車専門ショップなどに卸していますので手に入れる事が可能です。
もちろん消耗の激しい部品もたくさん復元販売してますので、ハコスカを愛する人達もこれで安心ですね!


«  | ホーム |  »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。